2016年1月3日 正月獅子舞 元町ショッピングストリートの巻

 

 

1月3日 晴れ

10:00am 楽屋入り

着替えを済ませ、少し早いお昼を頂き

元町の氏神様、厳島神社で舞を納めます。

元町厳島神社① 元町厳島神社②

舞の様子

 

元町厳島神社③

舞を納めた後 宮司さん他、役員の皆様と記念撮影

 

ここから 町内まわり(門付け)の始まり始まり~

厳島神社④

厳島神社⑥ 厳島神社⑦

境内の子供達

 

厳島神社⑧ 厳島神社⑨

好物のご祝儀、いっただ~きま~~す

 

元町仲通り② 元町仲通り①

元町仲通りで・・・ うわっ何か来た~! 泣き&笑い

 

 

お店での様子①
(SCAPA 横浜・元町 OUTLET)

 

ホコ天① ホコ天②

歩行者天国での舞

 

ホコ天③

「鈴ノ舞」を連笛で

 

ホコ天④  ホコ天⑤

舞の後は、頭を噛みに廻ります

 

ホコ天⑥

嬉しいご祝儀

 

まだまだ 廻りま~す

お店廻り①

霧笛楼① 霧笛楼③

霧笛楼②

元町デビューの若者 中々決まってるぅ~

 

お店での様子②
(ラザールダイヤモンドブティック横浜元町本店)

 

お店の後はまたまたホコ天で・・・

 

ホコ天⑦

ホコ天⑧元町デビューのAさん 笛にはまっています

 

ホコ天⑩ ホコ天⑪

頂きました 大好物 (*^o^*)

 

ホコ天⑨

舞の後は 三本締め「よぉ~ぉ・・・」

 

お店を覗く人々① お店を②く人々

お店での舞を外側から見る人々 結構な人数

 

本日最後の舞 結びの一番

ホコ天での舞の様子

 

無事終了!

 

たくさんの笑顔に出会えた一日

 

2016.1.3①(倉谷仙太郎と橫浜やっしゃ鯛)

倉谷仙太郎と橫浜やっしゃ鯛

本年もどうぞ宜しくお願い致します

m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 倉谷仙太郎, 獅子舞 | 2件のコメント

2016年1月2日 海ほたる 正月獅子舞

 

 

海ほたる 二日目

福袋の販売開始を待つ人々

2016.1.2② 2016.1.2③

 

福袋販売開始!

      動き始める人の列

              頭を噛み噛み

 

屋外でも

2016.1.2⑥ 2016.1.2⑦

 

なかなかの景色

2016.1.2⑤

 

 

「お食事中失礼しま~す」 窓の外からご挨拶

2016.1.2⑧

 

 

二日間で計10回

 

 

お疲れ様のご褒美

2016.1.2⑨ 2016.1.2⑩

 

海ほたるの中のピザ屋さん

 

注文を受けてから生地をのばし釜へ

 

お値段も手頃

 

2016.1.2⑪

マルゲリータ&ジェノベーゼ

おすすめです

 

 

 

 

 

 

海ほたるで発見

2016.1.2④

横浜元町セレクトショップ

 

 

1月3日は元町ショッピングストリートに出没

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 倉谷仙太郎, 獅子舞 | コメントする

2016年1月1日 海ほたる 正月獅子舞

 

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

1月1日 雲ひとつない日本晴れ

橫浜ベイブリッジからの景色

2016.1.1①

みなとみらいのビル群と富士山

 

海ほたる 結構な人出

2016.1.1④

 

2016.1.1⑤

 

2016.1.1② 2016.1.1③

 

2016.1.1⑥

 

2016.1.1⑦

夕日 富士山 飛行機

 

明日1月2日 またまた 海ほたる に 出没!

 

 

♪ お正月には凧上げて~ 独楽を廻して遊びましょ~ ♫

 

 

 

 

カテゴリー: 倉谷仙太郎, 獅子舞 | コメントする

2015年末 道具のお祓い

 

12月29日

正月の獅子舞に向けて

獅子頭ほか笛・太鼓などお道具一式を

星川杉山神社さんでお祓いをして頂きました。

2015年末道具のお祓い④

2015年末道具のお祓い⑥

2015年末道具のお祓い⑤

 

 

 

 

 

 

1月1日、2日は「海ほたる」での獅子舞

1月3日は「元町ショッピングストリート」での獅子舞

 

新年のご挨拶用の開運「獅子カード」8種類

獅子カード8種

来年度は新に2種類追加で作りました。

獅子カード2種

 

 

神社さんも正月モードです。

2015年末道具のお祓い② 2015年末道具のお祓い①

 

2016年 申年 皆様にとって良い年になりますように m(_ _)m

 

 

 

♪ お正月には凧上げて~ 独楽を廻して遊びましょ~ ♫

 

 

 

カテゴリー: 倉谷仙太郎, 獅子舞 | コメントする

2016年1月3日 寿獅子 スケジュール 

 

2016年1月3日

元町ショッピングストリート での寿獅子

スケジュールが決まりましたのでをお知らせ致します。

元町(H28.1.3 獅子舞・タイムスケジュール・ブログ用)

PDF版はこちら → 元町(H28.1.3 獅子舞・タイムスケジュール)

 

老舗のお店26店舗を廻り、

各町内ごと(1丁目~5丁目)歩行者天国での舞を行います。

 

元町の獅子舞は今度の正月で四年目です。

メンバー一同お稽古に励みました。

稽古の甲斐もあって、笛を吹くことの出来るメンバーが増え

新しい試みとして、ホコ天での舞で

連笛(れんてき)を予定しています。

 

連笛とは、数人で同時に笛を吹くことを言います。

通常、獅子舞や祭囃子の場合、笛は1人で吹きますが

これを笛の吹けるメンバー皆で吹く予定です。

 

どうぞお楽しみに!

 

正月獅子舞の様子をフォトムービーにしました。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 倉谷仙太郎, 獅子舞 | コメントする

七五三祭 2015.11.15

 

 

昨年に引き続き七五三祭での奉納です。

昨日からの雨。

七五三祭2015.11.15①

雨で落ち葉いっぱいの境内

 

雨が上がれば鳥居から御社殿まで参進の儀。

 

 

着替えも終わり準備完了!

七五三祭2015.11.15②

 

心配だった雨も上がり、「参進の儀」始まり~

境内に「通り神楽」の音が響きます

 

笛は私、仙太郎

太鼓は明神神楽会の新人OSNさん

「通り神楽」の太鼓デビューです

中々いい音出してます。

 

さ~舞姫さん出番ですよ!

巫女舞の奉納

 

二人舞は小学3年生と4年生、

三人舞のセンターは小学1年生、

10回ほどのお稽古でデビューです。

 

同じく太鼓も10回ほどのお稽古で三人がデビュー!

ヒュー ヒュー

 笛の音にのせて上手く出来ました

 

舞に付けた曲は「神明神楽」

里神楽の基本曲です

 

橫浜ケーブルテレビの取材も入る中、大変良く出来ました。

 

巫女舞の奉納、滞りなく終了!

七五三祭2015.11.15④

 

さて、ここからはお昼まで

七五三の御祈祷を受ける皆さんの前で

巫女舞の奉納です。

 

雨も上がり少し日が差し、賑わう境内

七五三祭2015.11.15③

 

ご奉仕終了!

七五三祭2015.11.15⑤

 

舞姫さん、そして着付けやその他諸々お手伝い頂いた保護者の皆様

笛、太鼓で参加された皆さま

お疲れ様でした

 

パルパルクッキー

七五三祭2015.11.15⑥

う~ん 似てる似てる

 

 

 

わかった方だけで結構です m(_ _)m

 

 

カテゴリー: 倉谷仙太郎, 巫女舞 | 2件のコメント

投げ縄作り

 

3月30日(月)

久しぶりに投げ縄を作りました。

メンバーは紋子姉さん、右紋さん、ふーちゃん、そして私左紋の4人。

投げ縄(新旧)
(上)使い込んだ縄 (下)新しい縄

 

江戸曲独楽に使用するに投げ独楽は

一般的な独楽と違い、サイズが大きいために

使用する縄の長さは9尺(約2m70㎝)

太さは均一ではなく、

先端から持ち手の部分に向かってだんだんと太くなっています。

もちろん市販はされて居らず、作る職人さんも居りません。

 

ですから自分たちで作るのです。

 

作り方を忘れないためにも

1年に1回くらいのペースで行います。

 

毎度ご指導頂く右紋さん。

三増一門の縄作り名人、御年80才。

敬意を込めて「1級縄師」と呼んでいます。

 

さて、縄の素材は麻です。

神社の「しめ縄」もこの麻から作ります。

投げ縄作り① (15.3.30)

 

 

 

 

価格は、1㎏ 30,000円~45,000円くらい

1㎏で100~120本の麻が入っています。

投げ縄を作るには、約40本の麻を使用します。

品質が悪いと縄の寿命が短いので、国産の特級品を使います。

投げ縄作り② (15.3.30)

1本の長さは180㎝くらい

投げ縄作り③ (15.3.30)

幅は、広いところで2~3㎝

投げ縄作り④ (15.3.30)

3本の麻に1本づつよりを掛け、縄をなっていきます。

投げ縄作り⑤ (15.3.30)

下準備として、ぬれタオルで軽くしめらせ・・・

投げ縄作り⑥ (15.3.30)

1本ずつ揉んで柔らかくします。

揉み終わったら・・・

投げ縄作り⑧ (15.3.30)

3本の麻の先端を固定し、二人がかりで作業開始。

まずは2本の麻それぞれにしっかりとよりを掛け

反時計回りに縄をなっていきます。

ある程度出来たところで、残る1本(3本目)によりを掛け・・・

投げ縄作り⑨ (15.3.30)

2本の麻でなった縄に合わせ・・・

投げ縄作り⑩ (15.3.30)

1本の縄にしていきます。

そして、だんだんと太くなるようの麻を足していきます。

投げ縄作り⑪ (15.3.30)

麻の繊維を少し広げ・・・

投げ縄作り⑫ (15.3.30)

包み込むように入れ込んで・・・

投げ縄作り⑬ (15.3.30)

抜けないように・・・

投げ縄作り⑭ (15.3.30)

しっかりとよりを掛け・・・

投げ縄作り⑮ (15.3.30)

・・・の繰り返しで、こんな感じ。

投げ縄作り⑯ (15.3.30)

出来上がり。

ここまでおよそ2時間。

掌は赤くなり、指先は指紋が無くなる感じ。

投げ縄作り⑰ (15.3.30)

余分なところは切り取って、次の縄を作る際に利用します。

 

今回は、右紋・紋子ペアで1本。

左紋・ふーちゃんペアで1本。

右紋・左紋ペアで1本。

計3本作りました。

一仕事終えて4人でお食事。

楽しい時間を過ごしました。

投げ独楽1 投げ独楽②

投げ独楽に縄を巻いたところ。(表・裏)

投げ独楽コレクション② 投げ独楽コレクション①

投げ独楽コレクション(表・裏)

 

麻に関してとても興味深い映像を、YouTubeで見つけました。

NHK Eテレで放送された「もういちど、日本  麻の里」

群馬県西部の山間にある東吾妻町。400年にわたって麻の伝統を守る町。      麻の収穫から、麻の繊維を取り出す「麻挽き」の様子などを紹介しています。

 

投げ縄を作るたびに、麻の産地を訪ねたいと思い未だ実現せず。

この映像を見てその思いが益々募る左紋でした。

 

 

 

カテゴリー: 三増左紋 | コメントする

ジャポニスム

 

19世紀後半から

20世紀初頭にかけて

日本の美術工芸品が

西洋の美術、工芸、装飾などの

幅広い分野に影響を与えた現象。

 

ジャポニスムの巨匠・ホイッスラー。

日本美術からインスピレーションを得て

独自のスタイルを確立したジャポニスムの画家。

 

“音楽は音の詩であるように、絵画は視覚の詩である。

そして、主題は音や色彩のハーモニーとは何のかかわりもないのである”

15.2.2

 

我が相棒が学生時代に模写をしたことがある

と言うことで、一昨日横浜美術館へ。

 

年末年始、1月と怒濤のような日常からやっと一息。

平日の昼間と言うこともあり、ゆっくり鑑賞出来た。

 

相棒が模写した、という絵は3部作の内の一枚。

そのうちの二枚は展示されていたのですが・・・ (>_<)

 

1867年(慶応3年)パリで行われた万国博覧会。

日本が初めて正式に参加をし、日本からの出展品は珍しがられ、

ジャポニスムの契機となったそう。

博覧会について詳しくは国立国会図書館HPへ

 

マネ、モネ、ゴッホ、ルノワール他 多くの画家が

浮世絵などからインスピレーションを得て創作活動の糧とした。

陶磁器などの詰め物や包み紙として使われていた浮世絵に

西洋の画家達が驚いた。

 

驚いたのは画家だけではない。

 

このパリ万博では

日本の曲芸一座も公演を行い

それを見た、

青い目のヨーロッパの人々が大変驚き

目を白黒させたそう。(笑)

LE MONDE ILLUSTRE、1867.10.26 ① LE MONDE ILLUSTRE、1867.10.26 ②
フランスの新聞 LE MONDE ILLUSTRE 1867.10.26号

 

冗談はさておき、

日本の曲芸師が欧米の曲芸師にも多大な影響を与えている。

 

曲芸の世界で有名なエンリコ・ラステリ。
ジャグラー2 ジャグラー

彼も日本に魅せられた1人。

 

足で道具を操る芸を足芸(Foot Juggling)と言います。

幕末期、足芸は日本のお家芸でした。

現在、日本でこの芸を出来る人はほぼ皆無。

1904年 エジソンスタジオで撮影された貴重な映像。(無声映像)

100年以上も前に海外で活躍し

欧米の曲芸師に大きな影響を与えた日本の曲芸師。

 

美術工芸、芸能、他 世界に誇れる日本の伝統文化。

なのに意外と知らない日本の伝統文化。

 

つい先日、映画監督の大林宣彦さんがあるTV番組で

「日本ぐらい文化的な伝統がなくなった国は世界でも珍しい」

と話されていた。

 

今の日本人にこそ必要なジャポニスム。

 

その伝統文化に携わる者として、

気持ちを新たにし、

一杯やって1日を締めたのでした。

ちょっと一杯 (1)

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

御礼

 

「江戸の祭囃子と獅子の舞」

無事終了致しました。\(^_^)/

 

お越し下さいました皆様、ありがとう御座いました。

 

出演者の皆様お疲れ様でした。

 

自分にも、お疲れ様。

 

舞台進行上のミスなどありましたがどうぞお許しください。

今回の反省点を次回に生かせるよう精進致します。

 

沢山の方からアンケートをお書き頂きました。

いくつか紹介させていただきます。

 

◎伝統芸能の奥深さを感じました。見たり触れたりする機会が多いほど、 多くの方に伝わっていくのですね。実際に触れる機会をこれからも もってほしいと思います。また学ぶ機会がありましたら参加したいです。40代 女性

◎すばらしかったです! 60代 女性

◎獅子の舞を目の前で見るのは久しぶりでした。たのしかったです。ありがとう御座いました。50代 女性

◎残念ながら、今までこの公演は知りませんでした。県や公共のみならずマスコミ等を通じてもっと 発信して皆さんに知らしめて欲しい。とても素晴らしい伝統芸能を堪能しました。 有り難うございました。60代 男性

◎若い世代への伝承も見られ、すごく良かった。70代 男性

◎みなさま本当にかっこ良かったです! また開催していただきたいです。20代 女性

◎とても とても格好よかったです!!  本当に本当によかったです!20代 女性

◎体験教室がとても分かりやすくて、ますます習いたくなりました。20代 女性

◎今日はいろんな角度からお囃子と獅子舞を観せていただきたのしかったです。
篠笛が手元にあるので、少し吹けるようになりたいと思いました。
また機会があれば観せていただきたいです。50代 女性

◎流石 “古典” 素晴らしいの 一語です。70代 男性

◎説明(解説)が丁寧でわかりやすく、とても勉強になりました。50代 女性

◎親子でとても勉強になりました。40代 女性

◎大変勉強になりました。
笛はオヒャオヒャ~に聞こえますね。楽しかったです。40代女性

◎古典(伝統)芸能を守っていかなければと思う。でも中学生や小学生が受け継いでいるので頼もしい。 見ていても楽しかった。70代 女性

 

嬉しいアンケート、有り難う御座いました。

これを励みに益々精進致します。

 

15.1.23

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 倉谷仙太郎 | コメントする

江戸の祭囃子と獅子の舞

 

マグカルフライデー

1月23日(金)

神奈川県立青少年センター 2階 多目的プラザで

「江戸の祭囃子と獅子の舞」と題して伝統芸能鑑賞会を行います。

マグカル チラシ(祭囃子・夜の部)カラー (サイズ小)                    神奈川県立青少年センター 交通案内

先着100名様限定で、入場料は1名500円(未就学児は無料)

開演は18:30です。 (開場は18:00)

 

◎江戸祭囃子 ◎寿獅子の舞

◎お囃子体験コーナー ◎篠笛独奏

◎祭囃子や獅子舞、神楽の歴史や楽器のお話し

◎神楽太鼓 ◎宮流神楽巫女の舞

◎里神楽  ◎曲打ち太鼓

など盛り沢山です。

 

 

これだけの内容を一度に見られて、

500円は、超お得!

 

出演は、横浜やっしゃ鯛と明神神楽会のメンバー

そして私、倉谷仙太郎の総勢20名程。

 

お申込はFAX 又は メールでお願い致します。

FAX:045-262-2612 メール:y848tai@nifty.com

 

マグカル チラシ(祭囃子・夜の部)カラー (サイズ小)

PDF版はこちら ⇒ マグカル チラシ「江戸の祭囃子と獅子の舞」

 

 ご来場お待ちしておりま~す。

獅子と笛太鼓(切抜き)

 

 

 

 

カテゴリー: 倉谷仙太郎, 公演情報 | コメントする